Home >  インタビュー >  移住者インタビュー >  我逢人:となみ市の地域おこし協力隊の手書き会報

我逢人について

 

 活字、字を書くこと、が好きなので、地域おこし協力隊として、ひとりの移住者として、なにかかたちに残したいと思ったのがきっかけです。タイトルの我逢人(がほうじん)は、「人や物と出逢うことの尊さ」を現した好きな言葉です。
 大阪出身のわたしが砺波で生活を始めて、いいなと思った場所や出来事を素直に書きます。
 地元の方はもちろん、県外からお越しの方にも共有できるとしあわせです。

 

 ダウンロード

thumbnail of %e6%88%91%e9%80%a2%e4%ba%ba%e3%80%80vol-1

我逢人 vol.1

 

2

我逢人 vol.2

2

我逢人 vol.3

2

我逢人 vol.4

2

我逢人 vol.5

2

我逢人 vol.6

 

 

 

砺波市地域おこし協力隊 野々瀬さん  ★令和2年4月に着任しました!

 

 

 

%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%82%b9%e3%80%80me

 

 はじめまして!
 野々瀬 真子と申します。
 富山県の立山連峰に魅了され移住を考えていたところ、興味があった地域おこし協力隊という仕事をしよう、と思い、砺波に来る運びとなりました。
 できることがあれば、なんでもしたいと思っていますので、ぜひお声がけください。
 アメーバのように地域の方と繋がっていきたいと思っています。
 好きなことは、音楽、ライブ、心置ける人と食事すること、読書、ひとり旅、カフェや喫茶店(無印で働いていたことがあります。USJでも!)、です。
 ゆくゆくは移住者が気軽に集まれるコミュニティをつくりたいです。
 どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

Pagetop